緑化事業緑化事業

取り扱い商品

白松

  • 白松 正面

    正面

  • 白松 葉

  • 白松 幹

    幹肌

品名 白松(ハクショウ、シロマツ)
学名 Pinus bungeana
科・属名 マツ科マツ属
現状規格 樹高 約3.5m 葉張 約1.5m
分類
  • 針葉樹
  • 常緑樹
  • 落葉樹
  • つる植物
  • 水生植物
  • 高木
  • 低木
  • 地被
  • その他
特徴
  • 香り
  • 樹形
  • 大径木・大株
  • 特殊空間・特殊用途

白松の特徴

ハクショウマツボックリ

中国を原産とし、松の中でも長命です。
中国を中心に長寿の象徴、あるいは神聖な木とされ、宗教施設や墓苑に植栽されています。
幹肌は名前の通り白色で、若木のうちはカゴノキ等のように鱗片状にはがれ、美しい模様が楽しめます。老木になると白い幹肌と変わってきます。
 クロマツやアカマツの葉は二本一組ですが、シロマツの葉は三本一組です。
成長が遅く、日当たりのよい場所を好みます。積雪や乾燥にも強く丈夫な樹種です。
雌雄異花で4~5月に開花し、マツボックリは翌年の秋に熟します。

明治神宮外苑にも迫力ある3本の白松が!!!

明治神宮外苑聖徳記念絵画館前には、丸く仕立てた白松が植栽されています。
ここまで成長するには時間がかかりますが、太みが増すにつれて幹肌の美しさが楽しめます。
シンボルツリーとして、とても魅力があります!

                                                                                         茨城(営) ND報

白松3本&幹明治神宮外苑の聖徳記念絵画館前にある白松

  • ※個人への販売は行っておりません
  • ※商品の詳しい情報や在庫状況はお問い合わせください
  • ※掲載されている情報は掲載日時点の情報です

取り扱い商品一覧ページへ